レガシー・マイグレーションのノウハウ&ドゥハウ。 計画時サービスからメインサービスまでシステムズの業務をご案内。

マイグレーションサービスTOP > マイグレーションメインサービス|Adabas / Natural マイグレーション

Adabas / Natural マイグレーション

AdabasやNaturalの資産を使い続けることによる「制約」を解消します。
現行AdabasやNaturalの採用企業において、高い保守料、ベンダーサポートへの将来性、社内外技術要員を確保の難しさ、オープンシステム上のRDBとの二重管理等、数々の問題に直面し、AdabasやNaturalの資産の移行を検討されるケースが増えています。

対象:メインフレーム/詳しくは、お問合せください。


以下のケースが課題として考えられるとき、Adabas/Naturalマイグレーションをご検討ください。

1)TCOの肥大化
・割高なAdabas/Natural 保守・サポート料金
・オープン系RDBとの混在によるコスト増加、作業や管理の煩雑さ

2)システムの硬直化
・将来を見据えた改築が柔軟に対応できない
・移行の難度が高く“塩漬け”状況で先伸ばしに

3)技術継承の問題
・Adabas/Natural担当のベテランが引退
・ノウハウ未継承によるシステム維持への不安

4)運用管理の複雑化
・オープン系RDBとの混在による二重管理
・4GLを含む開発PG資産の混在に伴う複数管理 (管理負荷増)

Adabas/Natural資産のシステム移行に関しては、Adabas独特のRDB仕様や、4GLのNaturalにより開発されたDBアプリケーションの非互換問題等の課題により難度が高く、高い信頼性と効率的な移行技術が求められます。

システムズはお客様の課題・不安を解消し、安全・効率的なAdabas/Natural マイグレーションでTCO削減と変化対応力向上を支援いたします。

Adabas/Natural マイグレーションコンセプト

システムズの「Adabas/Natural マイグレーション」は 10数年間培った専門の技術を生かし、メインフレーム上のAdabas/Naturalで構築されたシステムから の移行に関し、非互換問題やデータ移行等の技術課題に対応したシステム移行サービスです。

Adabas/Natural マイグレーションポイント

メインフレーム上のAdabas/Naturalで構築されたシステムの対象資産の調査や棚卸、資産可視化の実施、移行対象の明確化を図り、移行計画の策定から実施・テスト支援を行います。

Adabasファイル/Naturalオブジェクトの資産、利用状況把握
(Adabas利用メンバー一覧/Naturalオブジェクト一覧等作成)
資産棚卸(Adabas/オカレンス情報(繰り返し項目)の調査・取得
Natural利用状況一覧(帳票・オンライン)、Cobol/JCL利用状況一覧)
データ移行(データ移行設計、Adabasデータの抽出・クレンジング等)
テスト支援(マイグレーション前後の現新照合、ファイル比較地チェック等)

さまざまな移行スタイルへの要望に対応

現在稼働中のメインフレーム上で、「Adabasを他のRDBに移行する」、あるいは「旧システムからAdabasだけを新システムに移行する」、「Adabasを含むシステム全体のオープン化へのマイグレーションを実施する」といった移行方式のご要望や方針ごとに、移行案と実施計画を策定します。

Adabas移行コンサルテーション

移行作業を行うには、十全なコンサルテーションが必要です。

コンサルテーションについての詳細はこちら

 

4GL(第4世代言語)Natural等をCOBOLへ移行し活用する。そのアプローチ方法についてはこちら


マイグレーションに関するPDFカタログはこちら マイグレーションセミナー・イベント情報はこちら

注)当Webサイト内にて記載されている製品・サービス名称は、各社の商標または登録商標です。

pagetop