レガシー・マイグレーションのノウハウ&ドゥハウ。 計画時サービスからメインサービスまでシステムズの業務をご案内。

マイグレーションサービスTOP > クラウド モダナイゼーション|クラウド化コンサルティング

クラウド化コンサルティング

クラウドコンピューティングでは、ベンダーが提供するサービスの視点に目が向きがちですが、自社の強みである独自機能や基幹系、コア系のシステムを既存システム(オンプレミス)からクラウドへの移行を検討する際には「実装技術」が不可欠であり、そこでシステム移行方法の一つ「マイグレーション技術」が有効視されます。

現行システム分析を重視したエンジニアリング型マイグレーションプロバイダの当社は、移行計画の段階で綿密な資産の棚卸しと検証によるリスクの可視化を実施し、クラウド化実現への最適な移行方法の提案と実施をお手伝いいたします。システム診断から企画・計画、導入までの各フェーズにおいて、それぞれのお客様の状況に合わせたサービスとコンポーネントをご提供します。

 

1)レガシー化既存資産とクラウド化適用パターン

現行業務+システム診断から抽出された課題を分析し、パブリッククラウド、プライベートクラウド、両方のミックスといったクラウド適用パターンや、移行に適した業務+システム資産の切り分けなど、クラウド化の方向性をご提案します。

 

2)レガシー化既存資産のクラウド化活用法

棚卸し後の資産をそのまま活用する、資産の仕様情報を活用する、あるいは新システム向けに変換して活用する……。どのパターンのクラウド化を図るにも、クラウド化対象となるレガシー化したシステム資産の確定は不可欠です。システム資産の棚卸しは、稼動・運用記録と環境情報から、稼動・不稼動・重複プログラムの洗い出し、新プラットフォームのサイジング検討対応など有効活用資産情報を明確にします。

 

3)最適なクラウドアーキテクチャの策定

クラウドアーキテクチャへの移行性検証サービスです。既存資産棚卸しでクラウド化対象資産が確定した後は、クラウド化への技術的課題の抽出、不具合発生の予測と対策検討等のリスク管理、およびプロジェクト計画と費用の策定を行います。この移行性検証によりクラウド化品質と最適な技術生産性を確保します。




マイグレーションに関するPDFカタログはこちら マイグレーションセミナー・イベント情報はこちら
pagetop