レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  > 「Windows7終了より影響大!?成功事例に学ぶ、“手ごわい” Microsoft旧製品の移行・クラウド化」Webセミナー[第3回]

セミナー開催概要

Windows7終了より影響大!?成功事例に学ぶ、“手ごわい” Microsoft旧製品の移行・クラウド化

本セミナーは終了しました。

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使用します。 URLは直前にメールにてご連絡いたします。

 

Windows 7 とWindows Server 2008 の延長サポートが終了してから半年以上が経過しました。しかし、いまだにレガシーシステムから脱却できていない、VBアプリシステムの移行問題が解決しない、といった相談が当社に寄せられています。今回のWebセミナーは、5月15日と6月29日に開催したセミナーの好評を受け、同様の内容でWindowsレガシーの移行にフォーカスして実施するものです。

企業では、OSから開発ツールやデータベース、オフィスソフトまで、さまざまなMicrosoft製品が稼働しています。これらの製品にはサポート期限が設けられており、企業では、既にサポート期限が切れた製品を使用し続けているケースもあるでしょう。サポート期限が切れた状態での継続使用には、コンプライアンスやセキュリティなど多様なリスクが存在します。

一方、バージョンアップを行う際にも、必ずしも簡単にバージョンアップできるとは限りません。Microsoft製品には、さまざまなバージョンが存在し、それらが依存する開発環境や実行(ランタイム)環境の違い、Microsoftによる独特な仕様変更などによって、大量にエラーが発生する、サードパーティ製品やDB接続プログラムなども含めてプログラム修正を余儀なくされる、といった数々の障壁に悩まされることになります。

マイグレーションでは25年の実績を持つシステムズでは、Windowsレガシーの移行に関する企業からの相談も数多く、AccessやVB6.0の移行などにも豊富な経験を誇っています。最近では、商用データベースを利用していた VB6.0アプリ資産をオープンデータベースに移行したいという企業も増えており、アプリケーションの改修を伴うマイグレーションにも当社の強みを生かしています。

本セミナーでは、Microsoft旧製品が企業に及ぼすさまざまな問題を取り上げながら、レガシーマイグレーションを進める上でのポイントを紹介します。後半では、企業でのマイグレーション成功事例を取り上げながら、マイグレーションやクラウド化によって、企業の資産をいかに守り、延命していけるかについて解説します。

Microsoft旧製品やアプリ資産の移行でお悩みの企業には必聴のセミナーです。聴講は無料。お気軽にご参加ください。

本セミナーは終了しました。

お申し込みはこちらをクリック

実施要領

日 時 2020年 8 月 27 日(木)14:00~15:15(13:45~入室開始)
形 式 Webセミナー ご自身のPCやスマートフォンで受講可能
Zoomを利用します。URLは開始直前にメールでお知らせします。
主 催 株式会社システムズ
募集人数 20名
※お申込み順に受付いたしますので、お早めにお申込みください。
対 象 レガシー化したMicrosoft旧製品やアプリ資産の移行に課題を抱えるユーザー企業情報システム担当者様
※本セミナーは、法人のユーザー企業様を対象に企画しております。
個人様および同業他社様のお申込みにつきましてはご遠慮ください。
参加費用 参加無料/事前登録制
締 切 2020年 8 月 26 日(水)
※定員になり次第、受付を締め切ります。

セミナープログラム


13:45
|
14:00
受付(入室開始)
14:00
|
14:20

オープニング(主催者挨拶)

セッション1:

Windows10時代の今、どうします?WindowsサーバやOffice製品の旧世代問題

今年、2020年1月に、Windows7やWindowsServer2008、SQL ServerなどのMicrosoft製品のサポートが終了しました。これは、企業の2020年問題と言われ、OSやサーバ、DB製品の単なるバージョンアップだけでは片付かないITインフラ整備の課題を浮かび上がらせました。長年、MicrosoftのOSやサーバ製品、開発ツールを利用してきた企業のITインフラには、その企業独自のアプリケーションが、多数存在しており、こうした既存アプリ資産を再活用するか、新たに開発し直すか、単に延命するか、の選択を迫られたのです。本セッションでは、OSや製品のバージョンアップだけでは乗り越えられない、レガシーアプリについて、Microsoftの製品ライフサイクルにおける限られた移行期間という条件の元で合理的かつ最適な移行アプローチを解説します。

14:20
|
14:50

セッション2:

成功事例に学ぶ、Microsoft旧製品から移行・バージョンアップ対策シナリオ
~ AccessやSQLサーバ、VBアプリ資産などの移行・クラウド化による延命のコツ ~

  • Microsoft製品で開発されたアプリ資産の抱える諸問題とは
  • システムズが行った移行事例 〜 再構築から延命、最新 VBマイグレーションまで
  • 【移行デモ】VB6.0⇒VB.Netマイグレーション実践〜自社開発アプリの書き換え移行
14:50
|
15:15
質疑応答/セミナー クロージング

セミナー講師:板倉利幸

【講師紹介】

株式会社システムズ
ITソリューション事業本部 ITソリューション営業企画部
部長 板倉 利幸

※講師および講演内容が変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
※セミナーは、ユーザ企業様対象のセミナーとなっております。
 個人ならびに同業他社様のお申し込みはご遠慮ください。
※文中の社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本セミナーは終了しました。

お申し込みはこちらをクリック

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ コーポレートサービス本部 事業推進室 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)

コロナ感染拡大に対する緊急事態宣言の発令に伴う、当社の対応方針については
以下を、ご参照ください。

https://systems-inc.com/pr20200408/