レガシー・マイグレーションのノウハウ&ドゥハウ。 計画時サービスからメインサービスまでシステムズの業務をご案内。

マイグレーションサービスTOP > マイグレーション+|AWS DB マイグレーション

AWSで実践!OracleデータベースのDBマイグレーション 連載一覧

AWS データベース マイグレーション [ AWS DB マイグレーション ]

Amazon Web Service(AWS)DB Auroraへ、
豊富なマイグレーションノウハウで、高信頼・高品質な商用データベース移行を実現

AWS DB マイグレーション

マイグレーションプロバイダ システムズは、オンプレミスで稼働している 商用データベース(Oracle DB 等)の Amazon Web Service(以下、AWS)のクラウド環境への移行において現行データベースの診断から移行計画の策定、データ移行、アプリケーション移行までをワンストップで提供する「AWS DB マイグレーション」を提供しています。

「AWS DB マイグレーション」は、Oracle DBに代表される 商用データベースを、AWSのクラウド環境で稼働するデータベースへの移行を支援するサービスです。

本サービスにより、商用データベース[Oracle DB/SQL Server 等]を、AWS DBの Auroraに移行することで、従来検討されてきた OSS DB の PostgreSQL や MySQLへの移行に比べてAuroraで 非機能(可用性、信頼性、性能)の維持の可能性が高まります。

AWS DB マイグレーション
<AWS DBマイグレーションのサービス概念図>
システムズの
AWS DB
マイグレーション
の特徴
  • データベースの移行だけでなくアプリケーション側の移行も同時に実施します。
  • SQLの修正と合わせて、プログラム側の改修も行います。
  • アプリケーション移行と機能改修は、同時に実施しません。
AWS DB マイグレーションを
活用したデータベース移行事例
営業支援システムの製造・販売 S社 様

移行目的 :

Oracle / SQL Serverに対応するオンプレミス パッケージをPostgreSQLも対応可能にする。
⇒パッケージ導入費用を下げ、ユーザー増につなげたい!
 クラウド版のサービスをAurora PostgreSQLに対応させる
⇒運用コストの削減、冗長性/可用性の向上

移行期間 :

4ヶ月

利用AWSサービス :

Amazon Aurora / Workspace / EC2 / ELB
SCT(SchemaConversionTool)
※ DMS(Data Migration Service)は未利用

AWS DB マイグレーション作業の流れ

AWS DB マイグレーション作業の流れ
AWS DB マイグレーションの
作業内容
  1. 開発環境構築
    AWS上に開発環境を構築(Aurora + Workspaces)
  2. DDL移行
    現行DB(SQLServer及びOracle)より、SCTでAurora PostgreSQLへDB定義の移行実施
  3. データ移行
    現行DB(SQLServer及びOracle)より、自社ツールでAurora PostgreSQLへデータ移行実施
  4. Javaプログラム修正
    新環境で動作出来るようにプログラムの修正を実施
    ※移行性検証、量産とフェーズを分けて対応
  5. テスト実施
    操作ガイドを元に機能毎に手動テスト実施
  6. パフォーマンス測定
    新環境でパフォーマンス測定
お問い合わせ:03-3493-2044
AWS DB マイグレーションに関する
メールでのお問い合わせ・資料請求はこちらから
マイグレーションに関するPDFカタログはこちら マイグレーションセミナー・イベント情報はこちら

(※)当サイト内に記載の会社名、製品・ソリューション名は、各社の商標または登録商標です。

pagetop